初回無料相談

分割払い対応可

秘密厳守

土曜・夜間相談可

離婚相談

宇都宮市大通り2-3-1 井門宇都宮ビル3F宇都宮駅8分

お問い合わせ・ご相談

050-5556-5966

電話受付 平日:9~21時/土:10〜21時/日祝:9~20時

交通事故Q&A

交通事故についてのご質問

交通事故の場合、どのタイミングで弁護士に相談すれば良いでしょうか?

迷っている段階でお早目の連絡をお願い致します。相談が早くなることで不利になることはありませんが、相談が遅れたことで手遅れになってしまうケースも考えられます。ご利用料金が気になるかもしれませんが、当事務所はまず無料相談からお入りいただけます。費用面の説明も受けた後でご依頼をお決めいただけますので、まずはお早めのご連絡を心がけてください。


後遺障害等級認定に関して、弁護士に相談するメリットはありますか?

医師が作成する「後遺障害診断書」の内容によって、後遺障害の等級が変化する可能性があります。等級が一つ異なるだけで、賠償金も大幅に異なってきます。弁護士は医師ではないので直接「後遺障害診断書」を作成することはできませんが、認定基準を意識した書き方を求めるなどのサポートを行なうことができます。要点を抑えた異議申し立てなどにより、適正な等級認定の取得に近づけることができ、賠償金を大きく変化させられる可能性もあります。


入院しているため事務所に伺うこと事態が難しいのですが…

入院中であっても、遠方の方のご相談であっても、無料の出張相談をご利用いただくことができます。特に交通事故に遭われた場合などでは、入院中で法的なサポートが受けられないといった本末転倒な事態は避けなければなりません。まずはお気軽に電話か相談予約フォームにてご相談ください。ご依頼者の状況に合わせたサポート体制を整えさせていただきます。


交通事故の案件では、問題解決までにどれくらいの時間を要しますか?

問題解決までの期間は、各案件により異なってきます。たとえば、保険会社から既に示談金が提示されているようなケースでは、その金額の妥当性を確認しながら交渉にあたり、数日で示談が成立する可能性があります。この後、入金までを2~3週間と考えると約1ヶ月程度で完全決着できることになります。ところが、入院や治療などが必要なケースでは、その補償などの問題が出てくることからより長期的なスケジュールが想定されます。最初の法律相談の段階で、ある程度のスケジュールをお示しいたしますので、まずはお気軽にご連絡ください。


「弁護士費用特約」で受け取れる弁護士費用はどれくらいなのでしょうか?

自動車保険に「弁護士費用特約」が設定されている場合、一般的に弁護士費用として上限300万円までを受け取ることができます。ご依頼いただく前の法律相談料に対しては、通常10万円を限度として保険金が設定されています。これらの金額を超えて費用が生じることはほとんどありませんので、「弁護士費用特約」の範囲内で全て対応できるのが一般的です。


示談交渉を弁護士に依頼して得られるメリットはどのようなものですか?

保険会社の担当者は日常的に示談交渉を行なっていますので、一般の方が担当者と直接話しをすると低い設定での示談金を飲まされる可能性が強くなります。弁護士にご依頼いただければ、専門家として適正な金額を強く要求でき、応じない場合には裁判になってしまうことを意識させられます。よって、受け取れる賠償金を大幅に引き上げる効果があります。また、ご依頼者は弁護士という代理人を立てて全てを一任できますので、事故の被害にあっている場合、治療などにも専念できます。


賠償金を受け取れても、弁護士費用のほうが高く付くようなことにはなりませんか?

当事務所では、仮に弁護士費用を支払った場合に賠償金がの受取額が低くなってしまうような事があっても、その差額を返金するシステムを取らせていただいております。つまり、「費用倒れ」は起こりませんのでどうぞ安心してご依頼ください。


保険会社が提示している賠償金額が適正なのかわからないのですが…

どうぞ無料相談にお越しください。保険会社が提示してきた賠償金額の妥当性を裁判基準で検証させていただきます。通常はかなり低く抑えられていますので、どの程度の増額が見込めるかについてもご案内させていただきます。


弁護士に依頼した場合、賠償金額をアップさせられる可能性は高いのでしょうか?

一般的にはかなりの高確率で賠償金のアップが期待できます。これは保険会社が一般人を相手にかなり低い金額で交渉を進めてくるためで、自力で裁判を起こす可能性がかなり低いと見込んでいるからです。弁護士が代理人となることで、交渉決裂がそのまま裁判に直結しますので、賠償金は裁判基準値程度にまで引き上げられるのが通常です。賠償金がどれくらい増額できるかという見込みについては、無料相談の中でお伝えできます。どうぞお気軽にご相談ください。


どの弁護士を利用しても、賠償金額自体は同じ金額になるのでしょうか?

担当弁護士がどのような主張や交渉をするかによって、得られる賠償金額は異なってきます。裁判初期順の賠償金額はあくまでも目安として考えられているものです。つまり、担当弁護士が交通事故の案件に精通しているかどうか、あなたのために適正な賠償金額を確保すべく親身になって尽力できるかどうかにかかってきます。このため、交通事故の案件では交通事故に精通した弁護士に依頼するようにしてください。当事務所には交通事故に精通した弁護士が在籍していますので、ご依頼者にとって少しでも有利な賠償金額の確保に向けて最大限のサポートをさせていただきます。


予約・問い合わせフォーム