相談料無料

分割払い対応可

秘密厳守

土曜・夜間相談可

離婚相談

宇都宮市大通り2-3-1 井門宇都宮ビル3F宇都宮駅8分

お問い合わせ・ご相談

050-5556-5966

電話受付 平日:9~21時/土:10〜21時/日祝:9~20時

ネット風評被害Q&A

ネット風評被害についてのご質問

個人的に某掲示板で誹謗中傷を受けています。書き込み内容を削除したいのですが可能ですか?また書き込み人物についても知りたいと思っています。

書き込み内容の削除が可能かどうかは、その誹謗中傷が名誉毀損・プライバシー・著作権の侵害に該当するかどうかで異なります。書き込み削除の申請や人物の特定については「「プロバイダ責任制限法」という法律に基づいた手続きを実施します。客観的な証拠が必要となりますので、画面のスクリーンショットを撮ったり、そのページを印刷して誹謗中傷の事実をわかるように保存してください。手続き通りに削除を求めても、プロバイダ側が削除依頼に応じないケースも考えられます。この際には、裁判所で仮処分の申し立てを行なうことで対処することになります。


ランキングサイトのようなものがあり、自分の会社が一方的に低い評価を受けています。この情報を削除したり運営者を特定したりできますか?

名誉権の侵害だと判断できる場合や、不正競争行為に該当すると評価される場合、書き込み部分の削除や情報発信者を特定することが可能な場合もあります。状況次第で一概にできるできないで答えられるものでもありませんので、まずは無料相談にいらしてください。


ネット上で不愉快な書き込みがあった場合、どのようなものであっても削除申請したり、書き込み人物を特定できるのでしょうか?

書き込む側にも自分の意見を主張する権利もございます。このため、書き込み内容によって名誉毀損がったり、プライバシーや著作権を侵害しているような場合に限り、削除申請や発信者特定の手続きを実施できます。「不愉快さ」という感情を誘発するだけでは、直接何かの侵害を主張しずらいため削除申請は難しいと言えるでしょう。


誹謗中傷だと認められる書き込みを行なった人物を特定できた場合、その者を訴えることは可能ですか?

書き込まれた内容が名誉毀損等に該当し、その書き込みを行なった人物が特定できた場合、損害賠償請求などを実施することができます。ただし、書き込み削除が実現したものの、書き込み人物の特定までには至らないケースも考えられます。これは、IPアドレスの保存期間やプロバイダの経由ルートなどにより、書き込み者本人を特定しきることが困難な場合があるためです。


会社ではなく個人的な問題なのですが、ネット風評被害の案件をご依頼できますか?

はい、個人様であっても法人様であってもご依頼いただけます。まずは無料相談でお話をお聞かせください。


インターネット上に逮捕歴や犯罪歴の情報が出てしまっています。これらの記事を削除できますか?

逮捕歴や犯罪歴の記事は、本人のその後の人生だけでなく、ご家族の就職や結婚、賃貸契約などにおいても不利な影響を及ぼす可能性が考えられます。犯罪を犯してしまい、逮捕されたという事実は、それが事実であるという点から削除が難しいと考えられがちですが、諦めずに対処することで削除が実現することもあります。当事務所は、ご依頼者の味方となって最大限サポートさせていただきますので、諦めずにぜひご相談にいらしてください。


会社の特定商品や従業員の誹謗中傷などが掲示板で見られるようなケースで、名誉毀損に該当すると考えられるにも関わらず、サイト運営者やプロバイダ側が削除申請に応じません。このような場合はどう対処するのでしょうか?

名誉毀損を理由に損害賠償請求まで考えておられるのであれば、裁判所で内容削除を求める仮処分を申し立てることが一番効率的で効果的な手段になります。


依頼してから削除が実現するまで、どれくらいの時間を要するのでしょうか?

削除実現までの期間については、プロバイダ側の対応や書き込み者本人の同意が得られるかどうかなどでも異なってきます。早い場合であれば、ご依頼から最短1日で問題解決に至るケースもあります。内容をお伺いした上で、ある程度の道筋をお示ししますので、まずは無料相談にいらしてください。


予約・問い合わせフォーム